キャプチャーボードの熱対策にUSB冷却ファンを使う

ゲームの録画

ゲームの録画・配信を長時間しているとキャプチャーボードが熱いのが不安になるのでUSB冷却ファンで何とかしてみた話。

 

キャプボが物理的に熱い

ブログ主はSwitchなどのゲームの録画にHSV321というキャプチャーボードを使っている。1080p(フルHD)かつ60fps録画可能でありながら8,000円前後で買える安いキャプボということで重宝している。

安くてコスパ最強のキャプチャーボードHSV321の使い方
1万円以下で手に入るコスパ最強のSwitch/PS4用のキャプチャーボード「HSV321(Basicolor321)」の使い方について説明しています。

 

しかしこれを使い始めて気になるのが熱がこもりやすいこと。10分もするとけっこう熱くなるので熱暴走を起こしてすぐに落ちるんじゃないかと不安になる。録画せずにPC画面に映すだけならそこまでではないんだけど…。安さゆえの弱点か。

録画するゲームによっては1時間、2時間と長時間録画しぱなっしになるのでどうにかして熱対策をしたいところ。扇風機直当てすれば一発解決なのだが他の目的(部屋の空気を回すなど)でふさがってたりする。

ダイソーで安いミニ扇風機が売ってるらしいが自分の回れる範囲にあるダイソーにはなかったので仕方なく別のをチョイス。USB冷却ファンを使って対策をしてみることにした。

 

USB冷却ファンで冷やす

使ってみたUSB冷却ファンはKEYNICEの静音USB冷却ファン(型番:KN-1732)。AmazonでUSB冷却ファンで検索すると上位に出てくるやつの単体版。


KEYNICE USBファン 静音 冷却ファン 強力 冷却 パソコン 送風機 扇風機 ミニファン 小型 ファン 9枚羽根 ルーター 水槽 冷却 薄型 12cm

 

箱と商品はこんな感じ。

 

先述のHSV321との大きさ比較。

 

風は3段階に調整できる。音は商品名通り静かだが風を強にすると少しうるさい。さっそくこれを使ってキャプボを冷やしてみる。

上の写真みたいにほぼ密着の状態で回さないと効果は薄め。でも密着状態なら弱風でも十分に冷える。熱暴走で落ちる可能性はこれでガクッと減ったかな?。

生配信とかで3時間、4時間とやる場合は中で回した方がより安全かと。

性能として十分で文句なしなんだけどやはりダイソーなんかで売ってる安いミニ扇風機だとどうなるかが気になる。そっちでも十分だったら高い買い物になっちゃうかな。言っても1000円台だけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました