最安値候補無線LAN中継器「TL-WA850RE」は使えるのか

PC関連

約4年間TP-Link社の無線LAN中継器「TL-WA850RE」を使ってきたので今更ながらレビューでも。

 

TL-WA850REとは

「TL-WA850RE」はTP-Link社から販売されている無線LAN中継器。値段は2000円弱と無線LAN中継器の中では最安値の部類に入る。

スペックはこちら。

通信速度 最大300Mbps
対応している通信規格 11n/g/b(2.4GHz帯のみ)
有線LANポート 1つ搭載(規格は100BASE-T)
アンテナ 2× 内臓アンテナ

有線LANポートは本体の底にある。

 

本体はコンセントに直差しで自動で起動する。本体は意外と大きく(他社の製品含めそもそも無線LAN中継器自体が大きいが)、自宅によく設置されている縦型コンセントだと大体他の差込口と干渉するので注意。有線LANケーブルとの併用もまずできない。

 

他の差込口と干渉したくない場合は別途電源タップを購入した方が吉。本体は横にも広いので1つ以上他の差込口と距離が取られているテーブルタップのものを買いましょう。

 

使い方

本体をコンセントに差し込み、初回は本体とWifi親機のWPSボタンを押してしばらく待つ。

 

これでネットに繋がる。環境によってはPCやスマホ側から自宅で使用しているのネット回線を自分で選んでパスワードを入力する必要がある。パスワードはWifi親機のものとなる。

繋がったけど重い、という人は本体の位置を変えてみる。本体にあるスマートシグナル・インジケータ・ライトが最低でも3つ以上光る位置に置く。

 

どんな人向け?

とりあえずネット環境を改善したい、ネットサーフィンが快適になればいいという人におすすめ。

一方でBlueTooth機器を使っている場合は不向き。スペックにも書いてあるが2.4GHz帯のみ対応なのでどうしてもBlueTooth機器と電波が干渉しあうので挙動がやや不安定気味。BlueTooth機器を使っている人は5.0GHz帯に対応しているこちらの商品がいいかも。

 

あと有線LANケーブルと併用する場合は規格上100Mbpsまでしか出ない。オンラインゲームで高い回線速度を求める人やメールなどで動画などの容量が大きいファイルを頻繁にやり取りする人はお金を出して上位規格のものを買う方が吉。

コメント

タイトルとURLをコピーしました