OBS Studioでゲームを録画する方法

ゲームの録画

動画の生配信などで有名なOBS Studioでゲームを録画する方法について記載しています。OBS Studioのインストールについてはこちらの記事で。

OBS Studioのインストールと簡易設定をする
ゲームの録画およびYouTubeなどで生配信するための定番ソフトOBS Studioのインストールと基本的な設定をする方法について紹介しています。

 

OBS Studioでゲームを録画する

TVゲーム、PCゲーム、スマホゲームといろいろあるが、基本的な流れは以下のようになる。

  1. 他のゲームキャプチャーソフトを立ち上げていたら全て閉じる
  2. OBSにゲーム画面を映す
  3. 画質、FPS、音量などの設定を行う
  4. 録画を行う

TVゲームだとキャプチャーボード(≠キャプチャーソフト)、スマホゲームだとミラーリングソフトが別途必要。また実況を入れる場合はマイクなども必要になる。

 

録画するまでの手順

他のゲームキャプチャーソフトを閉じる

アマレコTVなどの他のゲームキャプチャーソフトを立ち上げていら全て閉じる。もし他のゲームキャプチャーソフトを立ち上げていると映像が映らなかったりエラー落ちします。重要。

 

シーンの追加

初期設定で1つ最初からシーンがあるが、もしなかったり録画と生配信用の設定を分けたいなど場合はシーンの+の部分をクリックしてシーンを追加する。

 

名前を入力する。後からでも変更が可能。

 

シーンが追加される。

 

ソースの追加

ゲームの画面を映すためのソースを追加する。ソースの+の部分をクリックしてソースを追加する。

TVゲームなら「映像キャプチャデバイス」を、PCゲームなら「ゲームキャプチャ」を選択する。PCゲーでもブラウザゲーの場合やスマホゲーの場合は「ウィンドウキャプチャ」を選択する。

PCゲームの場合、たまにゲームキャプチャで映らないものがある。その場合は「ウィンドウキャプチャ」で映す。

名前を入力する。後からでも変更が可能。

 

プロパティ画面になるのでデバイス/モード/ウィンドウを選択する。下の画像は「映像キャプチャデバイス」を選択した時のもの。

 

解像度やFPS、音声出力の設定を行う。音声出力について、「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れて、音声出力モードから「デスクトップ音声出力(WaveOut)」を選択する。

 

ゲーム画面の位置や大きさの調整

ソースを追加して設定するとキャンバスにゲーム画面が映し出される。設定によっては中途半端な位置・大きさだったりするのでドラッグして位置を調整したり、端っこの■の部分をドラッグして画面の大きさを調整する。

 

インターレースの解除

昔のゲーム(SFCなどの実機)を録画する場合、画面がちらついたり走査線が入ったりすることがある。その場合は追加したソース上を右クリック→インターレース解除と進み、インターレースの設定を選択する。どれも一長一短なのでお好みで。

 

音量の調整

マイクなどを使って実況をする場合はマイクやゲームの音量を調整する場合がある。その時は音声ミキサーの部分から各ソースの音量を調整する。

 

どう頑張っても音が小さい、という場合はパソコン本体で音量が小さい可能性があるのでWindowsのサウンド設定から音量調整を行う。

 

キャンバスの設定

ソースに追加したゲーム画面の設定とは別にキャンバスの設定も行う。画面右下から「設定」を選択する。

 

左のメニューから「映像」を選択し、キャンバスの解像度やFPSの設定を行う。

 

キャンバスの基本および出力解像度について、1920*1080が一番高画質になるのだがPCのスペックが低いとカクついたり映像が乱れたりすることがある。その場合は出力解像度を1280*720に下げる。

生配信する場合、サイトによっては1920*1080に対応していない場合があるのでその場合も1280*720に下げる。

 

録画の開始

設定が整ったら後は画面右下の「録画開始」をクリックしてゲームの録画を始める。録画を終える時は同じく「録画の終了」をクリックする。

 

ゲームの映像が出ない場合

こちらの記事を参考に。

OBS StudioでTVゲームの映像が出ないときの対処法
キャプチャーソフト「OBS Studio」でTVゲーム映像が出ない時の対処法について説明しています。キャプチャーボードの配線の確認、解像度やFPSの設定の変更などで対処可能。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました