自作PCの電源は点くのにモニタに何も表示されないときの対処法

自作パソコンの電源が点かない、突然再起動が始まりしばらく止まらないトラブルに続き電源は点くのにモニタに何も表示されないトラブルに見舞われた。再び自作パソコンとの格闘開始。

電源は点くのにモニタに何も映らない

電源を入れた後、BIOSが起動する。そしてOSが動いてモニタにメーカーのロゴが映り、ログイン画面になるのが正常時の流れ。

今回のトラブルは電源は点くもののモニタにメーカーのロゴが映らない状態が続いて先に進めないというもの。先の起動の流れだとBIOSが起動しないと見るのが普通。

とりあえず電源が入るということはコードの配線などは一応正しくできている。CPUファンが回らなかったり、電源自体が入らない場合は別のトラブルが重なっているので先にそちらを対処すべし。

何が悪いか確認する

サブのノートパソコンでネット検索するとよくあるトラブルらしい。よくある、というだけに考えられる原因も多い。マザボ、CPU、メモリ、電源ユニット、グラボ…結局パソコンのパーツ全部が対象だ。

とりあえずパソコンのパーツおよび周辺機器を簡単なものから1つずつチェックしていく。

モニターにつなげるケーブル(HDMI、DVIケーブルなど)

サブのノートパソコンにつなげるとモニタにメーカーのロゴが映り、ログイン画面に移行した。ケーブルが断線しているわけではない。

グラフィックボード

とりあえず外してオンボードで画面を映す。モニタには何も映らないまま。ここが原因ではないらしい。本当に逝ってる可能性はあるが。

電源ユニット

とりあえずマザボ・CPU・メモリの最小構成で動かしてみた。電源はいつも通り点いたがモニタを見てみると画面には何も映らないまま。

念のため単体で動くかどうかもチェック。きちんと動く。一応中身を開けて見てみたが液漏れとかの異常はなし。1年しか使っていないが基本寝るときと外出時以外は点けっぱなしなので供給する電力が落ちている可能性がある。寿命間近の可能性はゼロとは言い切れないが、これが原因ではないだろう。

メモリ

ブログ主の環境では4つあるメモリスロットのうち2ヶ所メモリを刺している。とりあえず2枚のうち1枚を抜いて起動してみる。

────映った。

しかし抜いたメモリが悪いのか、それともメモリスロットが悪いのかはまだわからない。いろいろと試行錯誤をしてみた結果、最初にメモリを抜いたメモリスロットを使うとモニタに何も表示されなくなるのがわかった。どうやらメモリスロットが逝ったようだ。一応掃除して再確認してみたがそのメモリスロットを利用するとやはりモニタに何も映らない。再現性100%である。

ブログ主の場合はここで解決したが、他にもモニタに何も映らない原因があるので記載しておく。

グラフィックボードのスロット

メモリスロットと同様。別のグラフィックボードのスロットに差し込んで画面が映ったらこれ。グラフィックボードが大丈夫でもここが故障しているとダメ。

CPU

CPUのピンが曲がったりしていて正常に刺さっていない。差し直して直ればいいが、基本買い直しだろう。

マザーボード

上述のメモリスロットと、CMOS、配線があやしい。CMOSはとりあえず初期化。あとは電池が切れてる可能性。配線は抜けかけてたり断線してたり。上記のパーツを確認し、CMOS初期化でもダメならこちらも買い直しだろう。

結論:今回はメモリスロットの不具合

マザボと電源買い直しかな…と覚悟していたがそんなことにならずに済んでよかった。ただ今後同じようなことが起こったらメモリ1枚で我慢するか、本当に買い直し決定である。

まとめ

自作PCの電源は点くけどモニタに何も映らない場合は以下のことを確認する。

  • DVIやHDMIケーブルの確認
  • (使っているなら)グラボ、グラボのスロットの確認
  • 電源ユニットの確認
  • メモリ、メモリのスロットの確認
  • 配線の確認
  • CMOSの初期化

これらで駄目なら修理に出すか、買い直し。

コメント

タイトルとURLをコピーしました