Logicoolの低価格Webカメラ「c270n」の使い方

LogicoolのWebカメラで一番安価である「c270n」について解説しています。

 

LogicoolのWebカメラ「c270n」

Logicool社から販売されているWebカメラの中でも一番低価格のもの。お値段は公式サイトで2300円ほどだが現在はコロナウイルスによるリモートワークなどの普及により手に入りにくく価格も上がっている状態。

 

見た目はこんな感じ。パッケージについては捨ててしまったのでなしで。

 

スペックについては以下の通り。

最大解像度 HD 720p (1280 * 720)
フレームレート 30fps
フォーカス 固定フォーカス
センサー 120万画素
静止画 300万画素
視野(画角) 60°
内臓マイク シングル(モノラル)
コード 1.5m

 

一番安価なものであるがゆえにフルHD・60fps対応ではないが、Skypeなどで使う分には十分な性能。

 

c270とc270nの違い

ゲーム動画の録画・配信関連のサイトなどで「c270」という類似したwebカメラが紹介されてたりするが、これはc270nの前身にあたるwebカメラ。

パッケージとロゴのリニューアルに伴い名前が現在の「c270n」になった。スペックは一緒。ちなみにc270は今は販売されていない。

 

c270nの使い方

ディスプレイ(モニター)に取り付けてソフト(アプリ)でPC上にwebカメラの映像を映すのが基本。ドライバを入れなくても使うことができる。ドライバを入れる場合はこちらから

暗いところには弱いようなので映す場合は明るいところで。

 

webカメラの設置

基本はUSB接続をして下の画像のようにディスプレイ(モニター)の上に取り付ける。

 

あとはWebカメラの映像をPCに映して首の角度を変えたりして調整する。首の角度は縦方向のみ調整可能。

 

windows標準搭載のカメラアプリで映す

画面左下のホームボタン→「カメラ」を選択する。

 

起動すると自動で認識してくれる。

 

Skypeで映す

Skypeで映す場合は以下の手順で。

  1. 「ツール」→「設定」→「ビデオ設定」をクリックする
  2. 「Webカメラを選択」でWebカメラを選択する
  3. 「保存」をクリックする

 

OBS Studioで映す

OBS Studioで映す場合は「ソース」部分の+部分をクリックして「映像キャプチャデバイス」を選択する。

 

名前を入れてOKをクリックする(名前は後から変更可能)。

 

デバイスから「Logicool HD Webcam C270」を選択する。

 

これでwebカメラの映像が映るようになる。

 

三脚に取り付けたい

三脚に取り付けたいと思う人がいると思うが、c270nにはネジがついていないのでそのまま取り付けることはできないのでスマホホルダーなど別のものが必要になる。

詳しくはこちら↓

ネジ穴のないWebカメラを三脚に固定する簡単な方法
c270nなどのwebカメラを三脚に取り付けたいときネジ穴がなく固定できないことが多い。そんな時はスマホホルダーやクリップ固定カメラスタンドを使えば三脚に固定することができる。

 

エラーが発生する場合

「カメラでエラーが発生しました」などのエラー文が出る場合はカメラのアクセスが許可されていない可能性がある。

windowsの設定を開いて「プライバシー」を選択する。

 

左のメニューから「カメラ」を選択する。

 

デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」をオンにする。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました