【正式版】VRoid Studioをインストールする

3Dモデリング

2021年10月末に正式版がリリースされたVRoid Studioのインストール方法について記載しています。※2022年5月22日時点での情報となります。

 

必要なもの、PCのスペックについて

2022年1月4日現在ダウンロードだけなら無料かつPixivなどのアカウントは不要。ただしVRoid Hubに3Dモデルをアップする場合はPixivのアカウントが必要。

必要なPCスペックについては以下の通り。

Windowsの場合

  • 対応OS:windows10以降
  • CPU:Intel Core i5 第4世代以降またはAMD Ryzen 5 第3世代以降
  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:10GB以上

Macの場合

  • 対応OS:MacOS 10.15 Big Sur 以降
  • 発売時期:2015年 以降発売モデル
  • CPU:Intel Core i5 第4世代 以降
  • メモリ:8GB 以上
  • ストレージ:10GB以上

メモリ8GBが必要なことに注意。ノートパソコンの場合は足りない可能性あり。

 

VRoid Studioのダウンロード

公式サイトのこちらからダウンロードする。2022年5月22日時点でのバージョンはv1.7.0。

VRoid Studio
3D創作を誰でも楽しめる世界へ。VRoid Studioは3Dキャラクター制作ソフトウェアです。はじめての人にはかんたんに、慣れた人はよりこだわって、3Dキャラクターを作ることができることができます。

 

Steam版、Windows版、Mac版の3つあるので自分の環境にあったものを選ぶ。

以降はwindows版をダウンロードした場合を想定しています。Mac版でも同じだと思いますがSteam版は不明。

 

VRoid Studioのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動する。まずインストール先を聞かれるので「参照」からインストール先を指定して「次へ」をクリックする。

 

特にこだわりがなければそのままでいいですが、デフォルトだとインストール先が隠しフォルダ先になりのでいざという時に少々面倒。「3Dオブジェクト」とか「ピクチャ」を指定するといいかも。

デスクトップにショートカットを作成するか聞かれる。作成した方が便利なのでチェックを入れて「次へ」をクリックする。

 

インストールが始まるのでしばらく待つ。

 

インストールが終わったら「完了」をクリックする。デフォルトだと自動でVRoid Studioが立ち上がる。

 

初回起動時

初回起動時は以下の画面が出てくるので「はじめる」をクリックして進める。

 

「同意する」をクリックする。利用規約やプライバシーポリシーは一度目を通しておくこと。

 

使い方およびベータ版との違いについて確認するか聞かれる。次に進むには「スキップ」をクリックする。

 

モデル選択画面になる。次回起動時からはここから始まるようになる。ベータ版をインストールしてかつモデルを作成している場合はそちらのモデルも表示される。ただし仕様が変わっているため一度クリックして変換する必要がある。

 

基本的な使い方についてはこちら。

正式版VRoid Studioの基本的な使い方
正式版VRoid Studioの基本的な使い方について説明しています。モデルの選択やカメラ操作などなど。※2022年1月14日時点での情報となります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました