窓に貼ったプチプチが剥がれる時の対処法

部屋の防寒対策として有名な「窓にプチプチを貼る」。窓にプチプチ(断熱シート)を貼ったけどすぐに剥がれる場合の対処法について書いています。

 

窓に貼ったプチプチが剥がれる

 

部屋の防寒対策としてよくオススメされる「窓にプチプチ(断熱シート)を貼る」。ブログ主もこの対策を知ってから毎年のようにお世話になっている。

とても有効な対策なのだが問題なのがたまにプチプチが剥がれてしまうこと。ホームセンターなんかで買って付属されている両面テープまたはのりで窓にしっかり貼り付けたものの気づいたら上の部分が剥がれてべろんとなっていることがある。しかも困ったことに一度剥がれると再度貼りなおしてもまた剥がれてくる

ブログ主の場合、窓がすりガラスで表面に凸凹があるのでどうしても両面テープの効きが弱くなってしまうのが一番の原因。あとは窓をきれいに拭かずに貼り付けたとか。

どうであれ付属の両面テープまたはのりでは粘着力が足りないようなのでもっと粘着力がある代替え品を探すことにする。

 

太い強力両面テープがおすすめ

付属品の両面テープより粘着力が強いものはいろいろあるが、のりについてはよくわからないので両面テープのみの紹介で。

ブログ主のオススメは「ニチバン ナイスタック 強力両面テープ25mm」。

 

一般ではなく強力タイプかつ25mmと太いのが特徴。またテープの色も透明なので目立ちにくいのもポイント。粘着力は強いもののプチプチ(断熱シート)から痛めずにテープを剥がしやすいので失敗したときもフォローがしやすい。

ホームセンターに行けばあると思うが15mmの普通タイプしかなかったりする場合もあるのでその時はネットで購入を。

 

多用途両面テープは不向き

同じ強力両面テープとして「多用途両面テープ」がある。プチプチ(断熱シート)や窓の材質を考えるとこちらの方が適切では?と思う人がいるかもしれない。確かに粘着力に対しては文句なしだが、問題はテープが目立つこと。

 

外から見たら「え?窓にガムテ―プ貼ってる…何かあったの?」と不審がられてしまうかもしれない。また粘着力が強いためプチプチ(断熱シート)からテープを剥がそうとすると痛めるどころか破れる。なのでテープを貼るのに失敗した時のリスクが大きい。そんなわけでブログ主としては多用途両面テープはおすすめしにくい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました