クリスタで選択範囲した部分を移動させる方法

CLIP Studio Paintで絵を描いていたとき、絵の一部を切り取って動かそうとしたが、簡単な画像編集で使っているペイントとやり方が違うようでつまづいてしまった。検索すればすぐやり方は出てくるものの大雑把な説明しか見当たらなかったので詳しいやり方をメモメモ。

選択範囲を動かしても境界線が動くだけ

CLIP Studioで絵を描いているとき、絵の全体を見てここだけちょっとずらしたい、と思うときがある。冒頭でも少し書いたがペイントの場合、選択範囲を指定すればあとはドラッグして動かすだけで絵の一部を動かすことができる。

しかしCLIP Studioでは選択範囲の仕様が異なるため、選択範囲をドラッグして動かしても単に選択範囲の境界線が変わるだけで選んだ部分自体を動かすことはできない。そんなわけでペイントと同じような感覚でやるとつまづいてしまう。

この選択範囲の仕様としては画像編集ソフトとして有名なGIMPに近いだろうか。

CLIP Studioで描いた絵の一部を動かしたい場合は選択範囲を指定したあと一旦切り取ってからレイヤー移動をする必要がある

選択範囲した部分を移動させる

1:まず動かしたい部分が複数のレイヤーにまたがっている場合(色塗り済みでベース、影、ハイライトと分かれているなど)は該当レイヤーをコピーして1つのレイヤー結合する。

2:動かしたい部分があるレイヤーを選択し、パレットから「選択範囲」を選択する。

3:切り取って移動させたい部分をドラッグして選択する。

4:選択範囲を決めるとその下に選択範囲関連のメニューバーが出てくるのでその中から「切り取り+貼り付け」もしくは「コピー+貼り付け」を選択する。個人的にはもしもの時に備えて復元が容易な「コピー+貼り付け」を推奨。

選択範囲の切り取りを選ぶと新規レイヤーが作成され、そこに切り取った部分が移動する。

5:作成された新規レイヤーを選んだあと、パレットから「レイヤー移動」を選択する。

6:レイヤーを移動させて位置を変える。

7:元の絵があるレイヤーと結合させる。たいていは元の絵があるレイヤーの上に作成された新規レイヤーがあると思うので新規レイヤーを右クリックして「下のレイヤーと結合」を選ぶ。コピー+貼り付けを選んだ場合は元の絵で動かした部分を消してから結合する。

これで選択範囲した部分の移動が完了。

ちなみに選択範囲を指定後切り取りまたはコピーをせず直接レイヤー移動で動かすこともできます。が、いざというときの復元を考えると「コピー+貼り付け」を間に挟むのを薦めます。

選択範囲した部分を拡大・縮小したり回転させる

上の手順で4まで進めたあと再度動かしたい部分を選択範囲をし、下に出てくるメニューバーから拡大・縮小または回転を選んで実行する。

拡大・縮小したい場合は□の部分をドラッグ、回転したい場合は選択範囲の外側をドラッグする。

※拡大・縮小した際にぼやけたり、つぶれたりするのはどうしようもないです。線画限定であればベクターレイヤーを使えば回避はできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました