【Blender3.2】画像テクスチャを透過させる

3Dモデリング

Blenderで透過情報のあるテクスチャを透過させる方法について説明しています。透過部分がある、あるいは半透明部分がある画像を使うことを前提にしています。

 

透過部分が黒くなる?

オブジェクトに透過部分のある画像をテクスチャ(マテリアル)として割り当てた時にあるあるなのが透過部分が黒くなってしまうこと。

貼りたい画像はこちら。

 

貼り付けた結果。

 

ただ単に画像を割り当てただけでは透過部分がきちんと表示されない(上のように透過部分が黒くなる)のでマテリアルプロパティあるいはシェーダーエディターから設定をする必要がある。

 

テクスチャをきちんと透過させる

テクスチャの貼り方についてはこちら。

【Blender3.2】マテリアル・テクスチャを貼る
Blenderでオブジェクトにマテリアル・テクスチャを貼る(割り当てる)方法について説明しています。Ver3.0以降対応

 

まずシェーダーエディットを開く。

 

下の画像のように画像テクスチャのアルファ部分とサーフェスのアルファ部分を接続する。

 

レンダーがCyclesの場合は透過・半透明部分ともにこれで大丈夫なはず(3Dビューポートのシェーディングを一番右のRenderedにして確認)。

レンダーにEeveeを使っている場合はさらにマテリアルプロパティから「設定」を開き、ブレンドモードを不透明以外にする。

 

アルファクリップは下のしきい値によって透過部分を描写するか決める。縁やノイズが気になる場合はしきい値を調整する。半透明の部分がなく、背景のみ透過しているのであればこれ。

透過以外に半透明部分がある場合はアルファブレンドを選択する。

透過部分のあるテクスチャをもとに影を作る場合は同じく影のモードを不透明以外にする。

 

標準アドオンを使う

平面に透過部分のあるテクスチャを貼り付ける場合、Blender標準アドオンの「Import Image as Planes」を使うと上の透過設定がされている平面を簡単に生産できる。

上のメニューから「編集」→「プリファレンス」を選び、「Import Image as Planes」にチェックを入れる。

 

有効にしたらShift + Aキーを押して「画像」→「Image as Planes」を選択する。

 

貼り付けたい画像の選択画面になるので選択すると透過設定がされた平面が追加される。Cycles・Eeveeともに対応しているが、Eeveeの場合影の設定は不透明のままなので設定すること。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました