【AviUtl】動画をGIF形式で出力する簡単な方法

無料の動画編集ソフト「AviUtl」でGIF出力をする方法について解説しています

AviUtlでGIF出力をしたい

AviUtlで動画出力をするとき普通はAVIかMP4で出力することが多いと思うが、場合によってはGIF形式で出力したいということがあるかもしれない。

デフォルトでGIF出力をすることはできないが「Direct Animated GIF Export Plugin」もしくは「Direct GIF Export 2」というプラグインを入れることでAviUtlからGIF出力をすることができるようになる。

 

Direct Animated GIF Export Plugin

一番使われていると思うプラグイン。

 

プラグインの導入

まずはこちらのサイトにアクセスしてAGifExportPackをダウンロードする。

 

ダウンロードしたファイルを解凍してSrcフォルダとreadme.txt以外のファイルをAviUtl本体があるフォルダに移動させる。

 

GIF出力をする

「ファイル」→「プラグイン出力」と進み「Animated GIF Export」を選択する。

 

ファイル名を入力し、ビデオ設定で出力設定をして保存をクリックすると出力が始まる。

 

ビデオ設定を開くと出てくる項目がいくつかあるが、「Drop every」を1に、「Color limitを256」に、「Drop local color maps」をオフにするのがオススメ。無限ループさせたい場合は「Loop」を0にする。

 

設定項目について

各項目の詳しい説明は以下の通り。

項目 内容
Drop every フレームレートの変更。1大きくするたびにフレームレートが減っていく。60FPSだと60→30→20、30FPSだと30→15→10→…という具合。
Loop 再生させたときにループする回数を指定する。0なら無限にループ。
Dither Method ティザの設定。GIF形式だと表示できるカラー数に制限があるのでそれをどうにかしたいときに。
Color Limit 使用できるカラー数を設定する。最大で256色、最低で8色。
Fuzziness 輪郭のぼかし具合の設定
Drop local color maps あまり使われない色を省略する(多分)。ONにするとモヤが発生しやすい
Adaptive frame insert ファイルサイズを節約する設定?
Make this color transparent 指定した色を透明化する設定
Default, Richcolor, SmallesFile 文字通りに各項目を自動設定する

 

Direct GIF Export 2

もう1つのプラグイン。先ほどのプラグインより出力が早い(気がする)が、更新が止まっている。

 

プラグインの導入

こちらも同じサイトにアクセスしてDGE2をダウンロードする。

 

ダウンロードしたファイルを解凍して「DirectGIFExport2.auo」「gifside_x64.exe」「libiomp5md.dll」の3つをAviUtlの本体があるフォルダに移動させる。

 

GIF出力する

「ファイル」→「プラグイン出力」と進み「Direct Animated GIF Export 2」を選択する。

 

ファイル名を入力し、ビデオ設定で出力設定をして保存をクリックすると出力が始まる。

 

とりあえず出力したいのならTarget Flamerateの左のボックスに30か60を入力しApplyをクリックして設定を保存する。無限ループさせたい場合は「Loop count」のところを空白にする。

設定項目について

情報が少なくわかるところだけ書いてます。readme.txtにも書いてないので…

 

項目 内容
Dither Method ティザの設定
Drop Local Color Tables あまり使われない色を省略する(多分)。ONにするとモヤが発生しやすい
Target Framerate フレームレートの設定
Color Limit 使用できる色の数の指定。最大で256色、最低で8色。
Dither Level ティザの設定
loop count ループ設定。無入力で無限ループ
Make color # *** transparent 指定した色を透明化する

 

出力時残り1%で応答なしになる

どちらのプラグインを使っても出力時に残り1%のところで応答なしになることがあるが、これは仕様。気長に待ちましょう。

エフェクトをかけまくってる場合、20秒程度の動画でも出力に1時間近くかかったことがあるのでその場合はmp4で出力した方がいいかも。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました