【AviUtl】画像を読み込めない原因と対処法

動画編集

無料の動画編集ソフトAviUtlで画像を読み込もうとしたらエラーが出て読み込めない原因と対処法について説明しています。

 

画像が読み込めない

AviUtlを使い始めたばかりの人にありがちなのが画像が読み込めない問題。カメラの画像を無編集で読み込もうとして引っかかった人が多いんじゃないだろうか。

原因としてはおおむね「未対応のファイル形式を読み込もうとしている」「サイズが大きすぎる」「参照できない場所にある」の3つになるのでそれぞれについて対処法を説明していく。

 

未対応のファイル形式を読もうとしている

初期状態でAviUtlが読み込めるのは「.jpg」「.jpeg」「.png」「.gif(画像ファイルとして設定したときのみ)」「.bmp」の5つ。普通なら困ることない…のだがクリスタやLive2D、ベクターファイル(.aiなど)は対応していない

これらのファイルを読み込みたい場合は有志が作成したプラグインを導入することで対応できることがある。

Live2dで作った素材を読み込みたい場合はこちらのプラグイン(Live2D Drawer for AviUtl)を導入する。

Live2D Drawer for aviutl · GitBook

 

ベクターファイルを読み込みたい場合はこちらのプラグイン(AviUtlSvg)を導入する。ただしこれは.svg限定なので注意。

【AviUtl】SVG(ベクター画像)を読み込む方法【プラグイン】
AviUtlで、有志のプラグインを使用して、SVG画像(ベクター画像)を読み込む方法の紹介します。ベクター画像とは?(ラスター画像との違い)違いをそれぞれ一言で表すと、以下の通りです。 ベクター画像:線で表す主な拡張子・・・.ai/.svg

 

クリスタ(.clipなど)は調べてみたけどないようです。一旦pngか何かで出力しましょう。

 

画像サイズが大きすぎる

読めない理由としてあるあるなのがこれ。上にも書いたがカメラなどで取った写真をそのまま読み込もうとしたりするとこれに引っかかる。

対処として以下の2つがある。

  • 画像ソフト(ペイントでもOK)で小さくする
  • AviUtlの設定を開き、読み込める画像サイズを変更する

AviUtl側の設定を変更する場合は下の記事の「初期設定」の項目にて。あまり大きくしても結局はウィンドウからはみ出てしまうのでほどほどに。

【最新版】AviUtlのインストールと初期設定をする
無料動画編集ソフトの定番であるAviUtlのインストールと初期設定について解説しています。2020年6月1日時点での情報です。

 

参照できない場所にある

おそらく管理者権限でアクセスしないと行けない場所の画像を読み込もうとしているパターン。

この場合は別のフォルダに画像を移動させて読み込めるか確認しましょう。

 

以前は読み込めたけど突然ダメになった

補足として。

前回は普通に読み込めたけど今回起動したら画像が表示されなくなったというパターン。

これはおそらく読み込んだ画像ファイルの場所あるいは名前が変更されたのが原因。一旦AviUtlを閉じて画像ファイルを元の場所・名前に戻してやることできちんと表示されるようになる。

あまりないと思うが、Wise Folder Hiderなどのファイル隠蔽ソフトを使っている場合は解除しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました