【2019年7月時点】Twitterのアイコンやヘッダーに合う画像サイズは?

2019年7月某日、いつの間にかPC版Twitterのホーム画面のUIが変更されていた。とりあえずプロフィール画面を見るとヘッダーの画像が以前より小さくなっていた。もしかしてヘッダーの推奨画像サイズなどが変わったのでは?と思い調査してみた。※突貫工事のため情報に誤りがある可能性があります。

アイコンのサイズ

さてアイコンのサイズだが400ピクセル*400ピクセル(画像サイズは10MB以下)が推奨されていた。ペイントで適当にいろんなサイズの画像を作ってみたがとりあえず正方形であればぴったり当てはまる。

ただし小さすぎてり大きすぎたりすると拡大・縮小されて画像が荒れたり潰れたりするのでできることならぴったりのサイズを選びたい。

結論としてアイコンの推奨サイズは400ピクセル*400ピクセルのままだと思われる。ちなみに対応している拡張子はpng,jpgの2つ。昔はgifも使うことができたが今は使うことができない(下記参照)。

ヘッダーのサイズ

ヘッダーのサイズは1500ピクセル*500ピクセルが推奨されていた。新しくなったUIのプロフィール画面を見るととてもじゃないが1500ピクセル*500ピクセルではない。

f:id:antique088b:20190725000926p:plain

上の画像はヘッダー画像をスクショして加工せずそのまま貼り付けたもの。推奨されているサイズに合わせてはいるがどう見ても縮小されている。

ペイントに貼り付けて見てみると、表示されているヘッダーのサイズは600ピクセル*200ピクセルと小さくなっていた。推奨サイズが600ピクセル*200ピクセルになった可能性はありそうだがあくまで自分の環境(ディスプレイの大きさが1920ピクセル*1080ピクセル)での話なので別の環境だと見え方が変わるかもしれない。

また縦横比は3:1と変わっていないので結局ヘッダーは1500ピクセル*500ピクセルのままかもしれない。とりあえずは縦横比が3:1で最低でもサイズが600ピクセル*200ピクセルのものを用意しておくのがよさそうだ。

UIは変わっていても見かけの大きさが変わっていても推奨サイズは以前と変わっていなさそうなのでアイコンなら400ピクセル*400ピクセル、ヘッダーなら1500ピクセル*500ピクセルと以前の公式の推奨通りにしておけば大丈夫だろう

以は過去に設定できた背景やgifアニメアイコンについて

以前はアイコン・ヘッダーのほかに背景も設定することができた。背景は中央揃えなどの指定はできるが拡大・縮小はされることなく表示されるためディスプレイの大きさによって表示のされ方が異なる。当時は1920ピクセル*1200ピクセルのものを用意しておけばまず問題はなかったと記憶している。

この記事作成時(2015年3月15日)では普通に背景設定が可能だったが2015年10月ごろに背景が非表示に。Twilogなどでは一応表示されていたが翌年に完全に撤廃。

またさらに昔ではアイコンにgifアニメを使うこともできた。仕様の変更によりgifアニメが使えなくなったが抜け道がいくつかあってしばらくは使うことができたらしいが残念ながら完全に不可能となってしまった(2013~2014年あたり?)。まあユーザー数が増えるにつれて重くなるのは目に見えてるのでできないようにしたんでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました