ゲーム実況などで使える安いWebカメラまとめ

YouTubeの生配信などで顔出しをする、またはFaceRigなどを使う際に使えそうな安いWebカメラについてまとめています。テレワークなどにもどうぞ。

 

Webカメラの選び方

この記事で紹介するWebカメラについて、安い以外に「解像度」「フレームレート」「画角」「マイク」「そのほか(三脚対応など)」などを含めて選定している。

解像度

言わずもがな映像の綺麗さを表す。フルHDとか4Kとかのあれ。YouTubeに動画を投稿・生配信する場合は基本的に720p(1280*720)、1080p(1920*1080)のどちらかを選ぶことになる。

ゲーム画面の横にちょこっと顔出ししたいのであれば720pで十分。フルHDで画面いっぱい使う場合は1080pを選ぶと吉。なお基本Webカメラはスマホや一眼レフに比べてどうしても映像がぼやけることは覚えておきたい。

フレームレート

1秒当たりの静止画の数を表す。値が大きいほど映像がなめらかになる。こちらも基本30fps60fpsのどちらかを選ぶ。高品質な動画を求める場合は60fpsを選ぶ。

画角

カメラの視野の広さ。1人を映すだけならあまり気にする部分ではないが、複数人映したい場合などは画角が広いものを選ぶ。

マイク

映像だけでなく音声も一緒に撮りたい場合に必要となる。近年のものはたいてい内臓されているが、モノラルだけのものから3Dデュアルマイク+ノイズキャンセリング搭載のものがあったりとピンキリ。

その他

三脚に対応しているか、プライバシーシャッターがついてるかなど。中には三脚もセットでついてくるものも。

 

安くて使えそうなWebカメラ

30fpsでコスパ最強:DEPSTECH webカメラ


DEPSTECH WEBカメラ ウェブカメラ 1080P HD 30FPS 高画質 三脚&プライバシーカバー付き 広角 マイク内蔵 USB 自動調光補正 ウェブカム 会議用PCカメラ Windows 10/8/7, Mac OS, Android, Youtube, Skype, zoom, Facetime対応

解像度 1080p(1920*1080, フルHD)
フレームレート 30fps
画角 広角(詳しい値は不明)
マイク ステレオ、デュアルマイク内臓
その他 プライバシーシャッター、三脚付き

3000円前後でありながらフルHD対応・ステレオ+ノイズ低減デュアルマイク・三脚付属・プライバシーシャッターありと至れり尽くせりなWebカメラ。フレームレートが最大で30fpsなのを除けばこの値段帯では最強ではないだろうか。

 

画角120°:BUFFALO BSW505MBK

解像度 1080p(1920*1080、フルHD)
フレームレート 30fps
画角 120°
マイク 内臓
その他 プライバシーシャッター付き

画角が120度とともかく広い。低価格帯で複数人映す場合などはこれが一番か。ただ広い分映像の端がピントが合わずぼやけがちなのはご愛敬。また三脚未対応なので設置に困ることがあるかもしれない。

 

最低限でいいなら:ELECOM UCAM-C310

解像度 720p(1280*720)
フレームレート 30fps
画角 60°
マイク モノラル
その他 なし

最安値候補。その分画質は720p(1280*720)でマイクもモノラルだがゲームの画面横にちょっと顔出しできればいいのであればこれでも十分。

Amazonで調べるともっと安いものがあったりするが流石に品質が怪しいのでこれが実質最安値だと思われる。

 

60fpsで最安値候補:Vitade Webカメラ 682T


webカメラ 60fps 1080p ウェブカメラ マイク内蔵 三脚付き 広角 小型 mac zoom対応 フルhd pc外付けカメラ usbカメラ-Vitade 682T

解像度 1080p(1920*1080、フルHD)
フレームレート 60fps
画角 100°
マイク ステレオ、ノイズリダクション
その他 三脚付き、光補正機能

1080p(1920*1080)で60fps撮影ができるWebカメラの中では一番安いWebカメラ。60fpsにこだわるのであればこれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました